1920年代のヴィンテージカー 海外販売情報 NO.1


1920年代のヴィンテージカー 海外販売情報 NO.1


1920年 Reo(レオ) スピード ワゴン
|販売地:USA
|現地販売価格:$25,595
|販売者コメント:オールズモータービークルカンパニーの最初の創設者でもあったランサムE.オールズのイニシャルである。Mr. OldsのREO Motor Car Companyは、1905年から1975年まで営業していました。
このユニークな例は、乗客を輸送するための4列のベンチ席を装備し、敷地内でツアーを提供するワイナリーで過去20年間過ごした、非常に独創的な配送トラックです
|投稿者:日本でもReoの自動車は梁瀬自動車が輸入販売し日本名「レオ」、80年代に活躍したロックバンド、REOスピードワゴンのベンド名の由来も自動車名
|詳細:ゲートウエイ クラシック カーズ


1925年ロールスロイスファントム
|販売地:ベルギー
|現地販売価格:
|販売者コメント:エンジン:6気筒 7668cc、4速マニュアルトランスミッション、。 エンジンが始動して完璧に走り、ギアボックスが簡単にギアを変え、車は非常に軽く動きます。
|掲載ページ:スピード・エイト・クラシックス


1925年 ボクスホール 30/98 ウェンサム
|販売地:UK
|現地販売価格:
|販売者コメント:2001年に車は最後の所有者はよく知られているヴィンテージカーと航空機の修理業者によって購入されました。当時、車はJulian GhoshによってRowleysのために開始された再構築の途中であった、そしてその後の10年間で骨の折れる修復は所有者ともう一つの有名な30/98の専門家によって完了された
|掲載ページ:カー&クラシック


1925年 ボクスホール タイプ OD 23/60 キングストン
|販売地:イギリス
|現地販売価格:
|販売者コメント:ボクスホールが1920年代半ばにゼネラルモーターズに吸収前は同社ベントレーまたはSサンビームと同じように精巧に設計された自動車を生産することで有名でした。1922年に発表された23/60馬力は、1913年に開発された4.0リットル、4気筒、サイドバルブエンジン搭載のDタイプ ボクスホールを開発したもので、同社の有名なチーフエンジニアであるローレンス ポメロイ氏によって設計されました
|掲載ページ:カー&クラシック


1926年 ホッチキス AM12
|販売地:フランス
|現地販売価格:
|販売者コメント:グッドコンデション
|掲載ページ:カーズアンドクラシック・ホームページ

1920年代のヴィンテージカー NO.2

世界のヴィンテージカー&クラシックカー 海外オークション落札価格情報

★注 意:販売価格や詳細は掲載ページでご確認下さい、当ホームページの記載に誤りがあっても当社では責任は負いません

車の輸入ガイド、通関・輸入車検査