エレクトリック モータースポーツ

沖縄レンタカー


フォミラー E 参戦チーム

アジア

インド  マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチーム

中国  ネクストEV・NIO  テチーター(ルノー・スポール、チーム・アグリ引継ぎ)

アメリカ

MSアムリン・アンドレッティ  ファラデー・フューチャー・ドラゴン・レーシング(ペンスキー)

ヨーロッパ

ドイツ  アプト・シェフラー・アウディ・スポート 参戦予定 ポルシェ、ダイムラーベンツ、BMW

フランス  ルノー・e.dams 日産に引継ぎ予定

モナコ  ヴェンチュリー・フォーミュラEチーム

イギリス パナソニック・ジャガー・レーシング    DSヴァージン・レーシング(シトロエン)

イタリア フィアト・クライスラー検討中 (チーム名候補はフェラーリ、アルファロメオ、マセラティ、ランチア、ダッジ、ジープと豊富)


エレクトリック GT チャンピオンシップ
ホームページ http://www.electricgt.co/
フォミラーEと違いクローズとサーキットを使用
初レースは2017年11月に開催予定

テスラ モデルS

チャンピオンシップ参加は他の電気自動車メーカーにも開かれています


パイクス・ピーク・インターナショナル・ヒルクライム
ガソリン自動車になりますが日本からは田島氏(モンスター田島)がスズキのスイフトやSX4で数々の優勝記録を持っています
2015年には、レースの歴史の中で、電気自動車がすべてのクラスで優勝
電気自動車部門
自動車産業における電気技術の未来とそれをテストして表示する究極の証明地であるパイクスピークを認識しています。高高度で酸素が欠乏しているため、内燃機関はサミットの近くで徐々に動力を失いますが、電気自動車レーサーは14,115フィートでも海抜ゼロフィートと同じのパワーを維持します、EVコンストラクタがこれらの本当にユニークな車両の工学的卓越性を紹介できるようにするために、電気事業部には2つのクラスがあります。
電気改造クラス
このクラスは、レースに適用される電気技術の最先端を特徴としています。
電気生産クラス
このクラスでは、量産型のEVを公開しています。変更はごくわずかです。